忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/03 優愛]
[01/17 くろまめ]
[10/28 優愛]
[10/25 あさな]
[10/25 優愛]
最新記事
(10/19)
(09/06)
(08/02)
(07/26)
(07/26)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あさな・にすい
性別:
女性
職業:
お仕事のヒト
趣味:
ぐーたら。
自己紹介:
棺おけに片足突っ込みつつあるお年頃。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/03)
(03/03)
(03/06)
(03/07)
(03/10)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://ume10ya.blog.shinobi.jp/
勝手きままなぶろぐ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重く響くエンジン音の中狭きベッドの上にて残りの金を数えし時、女のアナウンスイベントの予告を伝えり。
親子らしき婦人二人の話し声楽しげにカーテンの向こうを通り過ぎぬ。
通路に出るも、夜間にて甲板は閉鎖さる、ただ狭き窓に黒く波が荒く当たりたる様眺めらるなり。
ベッドに戻りてプレーヤを耳に器楽でも聴かむとするに、穏やかな眠りは終に訪れること無し。
この先の生活に古き鞄ひとつのみ。
退屈に紛れ中身をかき回せば最早使う宛ても無き鍵手に触れん。
その鍵用いし戸口思い起こすも、意味ある風景とて浮かぶことなかりけむ。
いつしか夜は明けロビーに大勢の客寄港を待ちわびし。
鞄をい抱きて3等船室を出るに船内すべて水平に横たわる蒼白の海光を得て華やかにざわめきたる。
子供を連れし若き夫婦方に並び制服制帽の乗務員の男出口脇に直立不動にて立つをただ眺めん。
ほどなく寄港の知らせ流れ海の果てにも見えつる陸の建物間近に迫り来る。
古風な汽笛は厳密な規則に規するのみならず客の憂愁の為に響き渡りたる。。
ただ同じ言葉であるのみの未知の国に辿り着きたる心地せん。
寝呆けし目に内海の静波日を受けたるも眩くも見え。
エンジン音停まりし時長き行列の後に続かん。
入り口迫る人の群れ短き船旅を惜しむことなく先頭を争いぬ。
延々と続きたる揺れに慣れし体に最後の渡し揺すりたるは解放の証にも見ゆ。
ターミナルのビル内に続きて陸地に入るは風情とても無し。
わずかに深く礼をしたる仕事就く人達そを醸し出せり。
下船口通路角降りしに、長身の男立ちこちらを探しおる。
僅かに切りたる黒髪の外にやや跳ね、黒きスーツなど着ている様も珍し。
近くに寄らば懐かしげに此方見下ろしぬ。
我が掌求め強く握りし時その眼潤み落涙す。
何処にぞ確からしき物あるや。
引き寄せて力込め抱きたる我が胸に一片の悲愴在るを見よ。
果てなん航路は今正に始まらんとす。
PR

泥に滑りつつ上る
屋上の隅に硝子砕け広がる
雨を避け目を細め
遠く地を眺む皆霞み朧なる
轟音去る黒い空
空ろに見えれど雲は風に常に流る
確かに日はそこに在れど
手に映る影は指す事も無し
厳かにも見ゆ水落つ石の道に
老いた者車押しゆるり歩き出す
鉄を積む蛇の如き腕伸ばし
静かに機動す青き男の群れ
始まりも終わりも何処在るらむ
額に手かざせばほんの一日は過ぐ
軒並べる家々は囲みの内に潜み
気だるい湿気ただ沈み蒸し
生き物はかくして世に浮かび漂うのみ
渓流に飛沫(しぶき)声立て
白く散り風と上る
樹の香漂う谷底
ぽつりと家屋店開け
命減らしたる町人(まちびと)は
川に棲む魚(うお)口にす

横たわる石の椅子冷たし
高く臨めば空葉の隙間より覗く
明日思へば自(おの)ずから目(まなこ)閉じ
廻る脳裏に懐古は最早無く
歩く先の橋は揺れ軋みたれど
帰る元には憩いあるべし
ただ浮かぶ山間の水場の如し
灯り薄くして堅牢なる窓押し開く
赤く点滅せる高き塔立ち並ぶ
遠く旅行く電車どもひっそりと
横たわり時過ぐるを待つ
人皆小雨に光る傘背負いて
人の気配求める者人避けし去る者
その影おぼろに揺れ目下に浮かび
ふと帰る家の無き事思い出させん
誰ぞ待つ足の向く先
恩讐に縁取らる因縁も傘の如き
低き音立ち込めり人の棲む場は混沌なり
肘に頬乗せしばし孤独観ずれば甘し

従順装う息子爪を慎重に伏せり
土にまみれるもひたすら美に生ききる
旅のようにふらふらと駅に向かう夜
力は己が女に照準を合わす
筋の浮く腕持て組み伏せし時
狩り終え戻る原初の雄の眼
頭の一隅にすら親は見当たらず
思うは交わる体躯の熱さのみ

"あさな・にすい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.